大人になってから行う歯科矯正のリスク

>

歯科矯正の種類と特徴

歯科矯正の種類

まず、ブラケット矯正について説明していきます。
ブラケット矯正は歯にブラケットと呼ばれる器具を付け矯正する方法です。
次に、裏側ブラケット矯正ですが、この方法は読んで字のごとくブラケットを歯の裏側に装着し矯正します。これらブラケットを使用し矯正するのが歯科矯正では主流です。
ほかにもマウスピース矯正というのがあります。
マウスピース矯正は歯間のずれが小さい矯正の際に行われます。
また、セラミック矯正というのもあります。
これは、白いセラミックと呼ばれるものを歯にかぶせ白い歯にみせる方法です。
最後に、部分矯正について説明します。
部分矯正は特定の歯だけを矯正する場合にします。
比較的費用を抑えることができます。

メリット、デメリット

ブランケット矯正のメリットは信頼性の高い矯正方法であることでデメリットはなんといっても器具を付けることによる見た目の悪さです。
また、ブラケットの隙間に食べ物が挟まり、虫歯や歯周病になりやすいです。
次に、裏側ブラケット矯正ですが、こちらもブラケット矯正同様器具の隙間に食べ物が挟まり、病気を引き起こしやすいです。
ですが、矯正していることが分かりづらいというメリットがあります。
マウスピース矯正には取り外すことができるため、なかなか矯正が進まないというデメリットがあります。
言い換えれば、取り外せるから楽というメリットにもなります。
セラミック矯正は痛みがないというメリットはありますが、歯の並びをきれいにするには向いていません。
部分矯正は短期間かつ低コストで行うことができるメリットがあります。
しかし、セラミック矯正同様歯の並びをきれいにするには向いていません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る